2016/07/09:第21回染色体遺伝子検査基礎技術セミナーのご案内

第21回染色体遺伝子検査基礎技術セミナーのご案内

テーマ :染色体遺伝子検査における品質保証

開催日時: 2016年7月9日(土曜日) 12:30~16:40(注:開催日が変更)
開催会場::国立がん研究センター中央病院 第一会議室 東京都中央区築地5-1-1
応募人数:先着70名
参加資格:日本染色体遺伝子検査学会員、ほか非会員も受け付けます.
参加費 :無料(非会員の方も無料で参加頂けます)
参加申込方法 :件名を「第21回染色体遺伝子検査基礎技術セミナー参加申し込み」として、氏名、施設名を記載のうえ、下記アドレスにメールを送信して下さい。直接電話でも申し込みを受け付けています。尚、当日参加も可能ですが、資料の部数把握のため出来るだけ事前登録をお願いします。また、参加できない方のためにメーカー経由となりますが、講演資料を郵送いたします。宛先の氏名、郵便番号、住所、施設名等を記載し、「資料のみ希望」としてメール送信をお願いします。セミナー終了後1週間まで受け付け、その後発送となります。
申し込み先:swakai@ncc.go.jp  03-3547-5201(内線5616)
国立がん研究センター 中央病院病理科・臨床検査科 若井 進 宛

プログラム

12:00~ 受付開始
12:30~12:50 資格を取ろう⑩ 認定臨床染色体遺伝子検査師(染色体分野) 試験の傾向と対策
川口貴子(静岡赤十字病 院検査部)
12:50~13:20 ISOに準じた遺伝子検査室の構築
柿島 裕樹( 国立がん研究センター中央病院 病理科・臨床検査科)
13:20~13:50 ISO15189の取得と維持
猪野 由美子( 公益財団法人 がん研究会有明病院 臨床検査センター 遺伝子診断部)
13:50~14:20 臨床検査センターにおける精度・品質管理
柿本 篤志( 株式会社エスアールエル 特殊検査(ヒト遺伝子検査)課 )
14:20~14:40 トピックス : 肺がんのEGFR遺伝子変異検査について
林 海美子(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社LCM部門 遺伝子検査部)
14:40~15:10 休憩
15:10~16:10 ISO 15189の概要と取得意義について
角山 功 ( シスメックス株式会社 学術推進部 ラボラトリーサポート推進課 )
16:10~16:40 遺伝子検査の精度管理
小野崎 登喜郎 ( ライフテクノロジーズジャパン株式会社テクニカルサポート )

問い合わせ先

東京都中央区築地5-1-1 国立がん研究センター中央病院 病理科・臨床検査科 遺伝子検査室
若井 進 03-3547-5201(内線5616)  swakai@ncc.go.jp

主催:日本染色体遺伝子検査学会
共催:ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社     シスメックス株式会社
サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフテクノロジーズジャパン株式会社
詳細なご案内は、下記をご確認ください。(2016.06.10更新)

2016(H28)年 関東甲信支部染色体遺伝子検査基礎技術セミナー 予定
第21回 2016.7.9(土)  12:30~16:30 がん研究センター中央病院 第一会議室
第22回 2016.8.27(土) 12:30~16:30 がん研究センター中央病院 第一会議室
第23回 2016.11.12(土) 12:30~16:30 がん研究センター中央病院 第一会議室
日程は会場の都合で変更になることが有ります。

関連記事

インフォメーション

総会のご案内
セミナーのご案内
学会雑誌
フォトサーベイ
入会・退会・会員情報の変更

ページ上部へ戻る