第38回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術集会

第38回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術集会

【大会案内】

大会サイトURLはコチラ↓↓↓

https://www.jacga38.jp/

※大会WEBサイトは会期中しか閲覧できない仕様となっております(現在編集中)

※大会にログインする際に必要なID・PWは事前参加登録者の方に郵送しております

 

【総会案内】※会員限定

総会はzoomにて開催しますので,ご参加される方は事前にインストールしてください.

日時:12月13日(日)11:00-11:30

Zoomミーティングに参加する方はコチラ↓↓↓

https://zoom.us/j/97379795664

①zoomをインストールしたうえで上記URLをクリック、またはzoom内でミーティングに参加>ID入力

②PWを入力して接続

※参加者のカメラはオフに設定してありますので,接続後は開始時間までご待機ください

※大会にログインする際に必要なID・PWは事前参加登録者の方に郵送しております

大略

テーマ : 緊急事態と臨床検査:パンデミックをどう乗り切るか

開催日時:2020 年 12 月 11 日(金)~12 月 21 日(月)(11 日間)

開催会場:WEB 大会のためなし

大会長:奥山 虎之(国立成育医療研究センター臨床検査部統括部⾧,ライソゾーム病センター⾧,日本染色体遺伝子検査学会理事⾧)

実行委員長:藤澤 真一(北海道大学病院検査・輸血部)

事務局:国際医療福祉大学成田保健医療学部医学検査学科内
第 38 回日本染色体遺伝子検査学会学術集会事務局
Email jacga2020office@gmail.com
Email oboshi@iuhw.ac.jp   大星 航 宛

参加費 :会員無料,学生無料,非会員 6,000 円

参加登録方法 :参加登録フォーム(https://forms.gle/b1feyPD4vygEJ72h6)から必要事項を記入して回答を送信してください(2020 年 10 月 16 日(金)まで).

主 催 :日本染色体遺伝子検査学会

プログラム:
シンポジウム「COVID-19 の現状と将来展望」
●COVID-19 の診断に必要な諸検査について
演者:今留 謙一(国立成育医療研究センター高度感染症診断部 統括部⾧)
●新型コロナウイルスに対するワクチン開発の現状
演者:森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 寄附講座教授)
●唾液によるコロナ診断法
演者:豊嶋 崇徳(北海道大学病院検査・輸血部 部⾧)
●検査室における SARS-CoV-2 検査対応の現状について
演者:佐藤 智明(国際医療福祉大学成田病院検査部 技師長)
一般演題 10~15 演題(予定)
特別企画
●第2回染色体外部精度管理報告
●会員を対象とした COVID-19 の PCR 検査アンケート報告

一般演題募集

演題申込み・抄録締切:2020 年 9 月 18 日(金) 10月2日(金)13時まで
動画受付:2020 年 10 月 16 日(金)まで

詳細なご案内・プログラム等は、下記の開催概要をご確認ください。

関連記事

インフォメーション

総会のご案内
セミナーのご案内
学会雑誌
フォトサーベイ
入会・退会・会員情報の変更

ページ上部へ戻る