事業内容

1.年1回の通常総会及び研究集会を開催して発表および知見の交換を行い、染色体遺伝子検査の技術の向上と普及をはかる。
2.年2回(4月及び9月)会誌を発行して会員に配布し、新しい知識と技術を広める。
3.染色体分析技術認定試験を実施し、染色体遺伝子検査に関する知識と技術を習得していると判断された者に認定資格を与える。
4.夏季セミナーで染色体遺伝子検査の知識技術を指導し、支部活動(北海道、関東、東北、中四国、大阪、九州)を通じて、染色体遺伝子検査を研究すると共に交流を深める。
5.人類遺伝学会、日本臨床衛生検査技師会等の国内団体、アメリカACT( Association of cytogenetic technologists)等の国際団体との連絡をはかる。

インフォメーション

総会のご案内
セミナーのご案内
学会雑誌
フォトサーベイ
入会・退会・会員情報の変更

ページ上部へ戻る